月別: 2016年3月

LINEとカカオトークは何が違うか

最近カカオトークって非常に若い人たちに注目のようですが、カカオトークってなんなのでしょうか。もちろんLINEの方が多くの人たちに浸透している訳ですが、LINEとカカオトークは何が違うというのでしょうか。

【カカオトークって何?】

友だち、家族と、無料でチャット、電話など出来てしまうのが、カカオトークです。もっともっとみなさんは親しき人たちとコミュニケーションの機会を作っていただきたいと思いますが。そして、カカオトークの知名度はやっぱりコマーシャルでばんばん流れていたからではないでしょうか。

しかし、ここまでの話しなら、カカオトークとLINEの違いなど全然見えて来ないではありませんか。

カカオトークは、LINEと同じく、電話番号認証をする必要があります。電話番号でアカウントを作成します。しかし、認証されることは、全然難しいと言うことはありませんし。
画面の指示に従えばスムーズに行くはずです。さあ、アカウントも作成が出来れば、まずカカオトークが何か実際に使ってみましょうよ。

【実際にカカオトークを使ってみた】

まず、みなさんが最初に目につくのは、「カカとも」メニューではないかと思います。これも言葉は違うものの、LINEの友だちリストと同じ役割を持っています。しかしここではカカオトークならではの機能も持っていりします。つまりここにはあなたの電話帳に登録してある友だちの中で、実際にカカオトークを使っている人たちが表示されることになります。

最近カカオトークはじめた、なんて人たちは「新しいカカとも」として最上部に表示されるので、案外見落とすこともありません。カカともリストの中で友だちをロングタップ・長押しすれば、メニューを表示させることが出来ます。 よくトークする友だちは「お気に入り登録」しておきましょう。ブロックもここからすることが出来ます。

カカオトークの醍醐味はやっぱりトークでしょう。LINEと同じですが、やっぱり会話出来てしまうということは素晴らしいとであり、感動に値することだったのです。久しぶりに会った友だちや初めてあった人と“カカとも”になる場合は「カカとも検索」をタップします。 アイテムストア、Plusカカとも、カカオゲームなどカカオトークには魅力が一杯溢れています。更にお得なキャンペーンなどしっかり注目していただきたいと思いますが。

【LINEとの違いは何か】

しかし実際にLINEとカカオトークの違いがここで明確に見えてきたという訳ではありません。 カカオトークの場合、相手がメッセージを読んだかどうかわかる「既読」マークがないから、相手が読んだかどうかわからないという苦情を言う人たちもいるようです。

しかし実際に判らない訳ではなく、カカオトークに表示される数字は「未読」者の数です。 減ればトークルーム内の友だちがみんな、投稿したメッセージを 読んだということになります。

そして、ダイレクトにLINEのように送信されないので、カカオトークのほうがスタンプを安心して選ぶことができたりします。INEと似ているようで、一味違うカカオトークのトークルームです。

関連記事も併せてお読みください→カカオトーク ブロック