月別: 2016年7月

人妻が出会い系サイトを利用してセフレを募集しているということは……

やっぱり特殊な事情があると思うのです。普通に考えるなら、すでに結婚しているパートナーがいる人妻が、わざわざ出会い系サイトというものを利用して新しく出会いを求める必要などは無いわけです。ところが、私が実際に出会い系サイトを利用して知り合った人妻のように、すでに結婚しているパートナーがいる野に出会い系サイトを利用しているということは、すでに言ったように何か特殊な事情があるのではないかというふうに考えてしまうのです。

自分のパートナーにはきっと特殊な事情があるのだろうと考えても、そのことを相手に問い詰めないのは鉄則です。本当に相手が話したいと思っていることだったらわざわざこちらから聞かなくても相手が自分で話してくれるでしょう。わざわざ人妻に対して問い詰めなければいけない事情というものは、もちろん相手にとっては本来、話したくないことなので、余計なことを尋ねるのはNGです。

相手に余計なことをいろいろと聞くのではなくて、自分であれこれと人妻の事情というものを想像するだけだったら、まだギリギリで許されることだと思います。私自身、出会いアプリを利用して知り合ったパートナーが人妻なのですが、彼女はすでに結婚しているのになぜ出会い系サイトを利用しているのだろうということは、しょっちゅう考えてしまいます。

そもそも、私がなぜこんなにも彼女の事情というものが気になるのか、その理由はやっぱり、私が彼女に対して明確な好意(恋心といってもいいかもしれません)というようなものを持っているからなのですが、自分に対して彼女の行為が向けばいいのになと思うあまりに、きっと彼女は旦那との関係がうまくいっていないのだとか、彼女は私に対して好意を持っているからこそ、こんなにもセフレとして長く関係を続けられているのだとか、とにかく自分に関して都合のいい妄想ばかりをしてしまいます。

不覚にもセフレに本気で恋をしてしまったとき、私と同じような考え方をしてしまう人というのは、男女問わず他にもたくさんいると思います(参照記事→せふれから本命になるぞ.net)。

実際、私にとって希望が持てる要素といえば、私のパートナーが合うたびに旦那の愚痴を言うことですね。自分にとって興味がない話題であっても、女性が自分から話してくれることだったら積極的に聞くべきだというのは、女性とお付き合いをして好感度を高めていくうえでの鉄則なのですが、彼女の口から聞かされる旦那の悪口というのは、もちろん私にとってもかなり都合のいい話題なので、いつも喜んで聞かせてもらっています。

もちろん、私が喜んでいることを態度には出していないつもりなのですが、いっそ彼女が旦那との離婚を真剣に考えてくれないかなあというようなことまで思ってしまいます。