損得の計算で浮気をする女性たち

浮気をするのは男だけ、女はとにかく、馬鹿な男たちにも我慢強く尽くす……そんな価値観は今では古臭いとみなされるようです。確かに、昔の女性は、例え亭主が浮気をしても我慢強く耐えていたという側面があったかもしれません。しかしそれは、女性自身が望んでそうしていたというよりは、そうせざるを得なかったから。本当は亭主に腹が立つこともあったけれども我慢していたと考えるのが正しいのです。

昔は、女性の経済力というものが今よりずっと弱かったので、生活のために女性が我慢を強いられる場面というものがたくさんありました。けれども、女性はひたすら耐えるのが美徳とされるような価値観は、今では古いとみなされているようです。その理由として一番に挙げられるのはやはり、経済力を付ける女性が増えてきたということが挙げられるでしょう。こういうことは単純に比較することが難しいのですが、場合によっては、波の男性よりもずっと仕事ができて、経済的に見ても十分に稼いでいる女性がたくさんいます。

下手に男性より仕事ができたりすると、職場などで逆恨みをされたりパワハラを受けたりということが結構あるのですが、それはさておき、経済力を付ける女性が増えたことで、女性にとって「結婚はしあわせになるための絶対条件」ではなくなりつつあるようです。

女性の経済力が弱かった頃は、ぶっちゃけた話、生活をしていくために結婚する必要があったともいえるわけです。女性たちは、あまり好きではない男性とも我慢をして生活を続けてきたという側面が少なからずあります。けれどもそれは昔の話です。

女性たちが、あまり好きではない男とも我慢をして結婚生活を続けてこられた背景には、とにかく結婚すれば自分が幸せになれるといったような共通認識があったからです。一昔前の女性は、今の若い女性よりもずっと結婚願望が強かったんですよね。なぜ結婚願望が強かったのかといえば、そもそも損得勘定で割り出した結果なのです。

すべての女性がそうだというわけではありませんが、とにかく多くの女性はケチで、自分が得をすると思ったことしかやらないので、婚カツをするのは、そうすることで自分が幸せになれるという考えがあってのことですし、またセフレを募集することにしたって、それによって自分が幸せになれるだろう(性的に満足することができるだろう)という目論見があるからなのです。

セックスの際に得られる快楽は、男性よりも女性のほうがずっと強い……そんなことはもちろん、女性なら誰でも知っています。男性だってこれくらいのことを知っている人は多いですよね。何とかセフレをその気にさせてやろうと考えている人だって多いはずです。

ぶっちゃけた話、手っ取り早く気持ちよくなれる方法があるのに、どうしてそれをやせ我慢する必要があるのか、処女を守り通す意味などあるのか、それはやはり、素敵な結婚のチャンスをゲットできる確立を少しでも高くするためという目論見があったわけですが、今では、結婚することがかならずしも女性にとっての幸せにはつながらないという価値観も増えてきています。

それだったら、やせ我慢など市内でセフレと楽しくやったほうがいいのではないか、と考える女性たちが増えたわけです。

ネット上で人気の出会系サイトはコチラ