中高年が求める出会いの形

中高年と若者が求める出会いの形には、どういった違いがあるのでしょうか?若者が求める出会い、異性に対して求める出会いは基本的には恋愛ができる相手、好きな人とのやりとりではないでしょうか。ですが、中高年ともなるともちろん結婚をしていない人は恋愛ができる相手を求めますが、それ以外であれば体の関係を求める出会い、割り切った出会いを求める人が多いです。

なので、中高年が求める出会いの形は、若者の出会いの形に加えてよりディープな文字通り大人の出会いが加えられます。大人の出会いの感覚は、大人にしかわからないものがあり、恋人やパートナーがいても体だけの割り切った関係を持っている人も多いようです。なので、割り切りセックスができる確率が高いのは、中高年ということになります。若い人でも、割り切りセックスが好きな人がいますが、やはりそれは一部で例えば若い頃からクラブに行ったりやんちゃをしたりする人は、セックスが遊びのような感覚、多くの人とセックスをすることで、自分は特別だといった気持ちを感じたいからするという人もいます。

ですが、中高年となるとそもそもセックスに対する特別感は若い頃より薄れます。若い頃、一番最初にキスした人、セックスをした人を思い出してというと誰でもすぐ思い出すでしょう。ですが、7回目にセックスをした人を思い出してといっても、すぐに思い出せないかそもそも忘れている人もいるでしょう。それだけ、最初の出来事、それも刺激が強いことは誰にとっても特別なことになりますが、セックス経験がある人ほどもう誰といつセックスをしたかすら覚えていない人もいます。それは、特別感がなくなるのがちょっと寂しいと感じるかもしれませんが、している人からすればそのとき得られる快感があれば十分という人もいます。

なので、割り切った関係であれば定期的に会ってセックスをして、お互い心を満たしあえば十分といった関係といえます。若いうちは、割り切った関係なんて意識することはあまりないでしょう。一人の人に夢中か、それともちょっと浮気をして罪悪感を感じる程度です。

大人になると、若い頃のピュアな気持ちに戻りたいなんて人もいますが、ときめきたいなら自分の気持ちに正直になれば、いつでもときめける可能性があります。70歳になってから理想のパートナーと出会えたという人もいて、恋愛に情熱があれば、年は関係ないのかもしれません。若い頃から恋愛に冷めている人は、恋愛がいいなんて思いもしないでしょう。中高年の出会いが理想という人は、40代50代になってもドキドキする出会いを楽しんでいるでしょう。なので、出会いに年齢は関係ありませんが、年を重ねるごとに恋愛経験をしている時間が増えるので、その分恋愛に対しての価値観が変わってくるといえます(コチラの記事もオススメです→http://xn--n8jofr2gycz842agtbiylt28a322l.com/ryoukin/)。

正解不正解はありませんが、どういう恋愛、どういう出会いをしたいかによって、恋愛に対する見方が変わるでしょう。